【カンブリア宮殿】ロゴスの戦略に見事にハマってテントを愛用しています

2019年8月1日に放送されたカンブリア宮殿はアウトドアメーカー・ロゴスの特集でした。
我々いぬキャン夫婦もテントをはじめ、ロゴス製品をちょこちょこと愛用しているので、楽しく視聴しました。
番組内では、初心者をターゲットとした商品開発をしていると紹介されてましたが、我々いぬキャン夫婦も知らず知らずのうちにロゴスの戦略にハマっていたとは…(笑)

ロゴスというブランドについて

もともと船舶用品を扱う会社であったが会社の存続を賭け、アウトドアメーカーとして業態転換をおこない、社員の奮起と時代の後押しがあり今日に至る、といった背景が紹介されていました。

また、アウトドアメーカーとしてロゴスが業界の第一線で活躍するにあたって掲げている戦略が「初心者に向けた商品開発」でした。

『水辺5メートルから標高800メートルまで』

このブランドポリシーもそういった意味合いからきており、プロ仕様の製品ではなくファミリーユースを軸にした販売戦略を展開しています。

(番組内で言及はしていなかったが、)プロ向けにしないということは、いわゆるハイエンドモデルにする必要はないので、スペックを抑えることによりリーズナブルな販売価格の実現に繋がりますもんね。

と、番組内容を私なりに要約してみました。

思えば、ロゴスをはじめとしたアウトドアメーカーについて、各社がどのような路線でどういった分野に強いのかなんて今まであまり考えてきませんでした。

番組を見ていて、ロゴスの考えているターゲット層が私たちいぬキャン夫婦にドンピシャだったので、妻と一緒に「ロゴスの戦略にまんまと嵌ったね」と笑いながら話してました。

ロゴス製品を実際に使い続けてみて

いぬキャン夫婦もロゴス製品をいくつか愛用してます。

中でもキャンプで一番の肝となるアイテムであるテントもロゴスのものを使っています。

テント:neos PANELスクリーンドゥーブルXLについて

neosPANELスクリーンドゥーブル

いわゆるツールームテントというやつです。

寝室部(インナーテント)とリビング部(前室)で構成されていてるので、別でタープを揃えなくてもOKです。

我々は夫婦+犬で使っているので、ワンコがいるにしても人数の割には大きなテントを使っているのかもしれません。
大人2人子供1~2人のファミリー利用にも十分対応できます。

ツールームテントは各アウトドアメーカーからももちろん販売されてはいるのですが、類似のスペックで見比べた時に、このneosのツールームは間違いなくコスパが良いです。

我々の購入の決め手もそこです。

純粋に値段が安いだけのツールームテントであれば、他メーカーのものやロゴスのROSYシリーズの製品もあります。

しかし同メーカーのneosとROSYを比べた時に、機能面で結構差が出てきます。

ベンチレーションといって、通気性をあげる為の換気口。

季節問わず、あった方がテント内の空気を調節できるので快適に過ごせます。

スカートというテントと地面の隙間を埋める布。

雨風の吹込みや虫の侵入を防ぐ役割があります。

特に秋冬の寒い時期にキャンプをする場合は、防寒性に大きく関わってきます。

この2点はneosには備わっていてROSYには備わっていません。

また、耐水圧といって浸水を抑える性能なのですが、ROSYが1000mmという数値に対してneosは倍の2000mmです。

普通の雨でしたら1000mmあれば耐えられるとされていますが、大雨になった場合1500mm以上あった方が良いとされています。

他にも性能差やデザインの差があるのですが、その実売価格も倍近く違ってきます。

私たちは冬場のキャンプも想定していましたし、年間通してそこそこの回数キャンプをする予定でしたので、ベンチレーションやスカート、耐水圧の高さは必須でした。

そうなると値段云々の前にROSYは候補から外れ、類似のスペックで他メーカーの製品と比較すると、ロゴスが若干安かったんですよね。

例えば、対抗馬としてコールマンのタフスクリーンも検討したのですが、当時は1万円近く高かったんですよね。
(この記事を書きながら値段を見たら何故かコールマンもだいぶ値下がりしてて、今はそこまで価格差はなさそうです。)

カンブリア宮殿でも、業態転換して最初のテントを販売した時は当時の相場よりだいぶ抑えた価格で勝負したと言ってたので、おそらく今もそういった部分は意識しているのではないでしょうか。

ホットサンドパン

ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカーもロゴスのものを愛用しています。

まぁこれに至っては「テントがロゴスだし、ホットサンドメーカーもロゴスで良いでしょ!」という理由が決め手だし、他製品との大きな違いも説明ができないもでお勧めし辛いところではあります^^;

妻はロゴスのロゴ(ダジャレじゃないよ)が好きで、焼き印が付くからお気に入りみたいです。

スクリューペグ

スクリューペグ

ぽーちゃん(愛犬)の係留用に購入しました。

犬連れキャンプの時は必須アイテムですね。

ペット用品メーカーからも、こういった係留ペグは出ているのですが、だいたいはデザインがあまりよくありません。

スパイラル状になっているので差し込むのが結構大変なのですが、その分抜けにくいので安心して繋ぐことができます。

良い商品だと思いますよ。

最後に

今のところロゴスの製品で不満を持つことはないです。

ものによってはロゴス以外ももちろん視野に入れてますが、ロゴスの掲げるブランドポリシーは伊達ではなく、初心者に優しい製品が多いですよ。

私はAmazonや楽天でキャンプ用品を買うことが多いのですが、たまに札幌のロゴスショップにも買い物しにいきます。

番組でやってたような焚火台に乗っかった大胆な説明は受けたことありませんが、丁寧に商品説明してくれますよ^^

あーキャンプ行きたくなってきたー