釣りキャンプをはじめたいから練習で渓流釣りに行ってきました!【超初心者】

キャンプの回数を重ねていくと、『設営』→『食事』→『撤退』だけでは物足りなくなってきたので、何か新しくアクティビティをはじめたいなぁなんて思うようになりました。
そんなんで釣りをはじめてみようと釣り具一式を買っておいて、次回のキャンプで楽しむつもりだったのですが、流石に「ぶっつけ本番は怖いな…」と思い、練習がてら渓流に行ってみました。

釣り超初心者ならではの悩み

私はついこの間まで「人生の中で釣り竿を振ったことがない」「川釣りと海釣りって何が違うの?」といった感じで、本当に右も左もわからない状態でした。

釣りの初心者向けの記事やサイトですら、ちょろっと専門用語が出てくるだけで難しく感じ、内容が理解できませんでした。

(初心者向けですら難しいってことは、自分”超”初心者じゃん…。)

そんな超初心者が実際に釣りをするまでの間で躓いたポイントとその解決策を紹介してみたいと思います。

海、川、湖での違いがわからない

まず、海、川、湖での釣りはそれぞれ装備(持ち物)が変わってきます。

また、対象となる魚によっても仕掛けを変える必要があります。

ってなると何を最初に揃えていいのかわからないですよね^^;

私の場合、漠然と「釣りがしたい!!」って感じだったので、川も海も自宅から1時間圏内にある為、特にどちらかでないとダメってわけではありませんでした。

これが”超”初心者が陥りやすいところで、「釣りをすること」が目的になってしまっているので、調べる情報や揃える道具も散漫になってしまうんですよね。

例えば「○○を釣りたい」「近くに川しかないなので渓流釣りがしたい」という様に、もう少し具体的にすると良いと思います。

私は海も川もどちらも興味あったのですが、釣具屋の店員さんに「まずは海と川、どちらに行きます?それにあわせて揃えましょうか^^」と言われたので渓流釣りに合わせた道具を見繕ってもらいました。

どこで釣りをしていいのかわからない

道具を揃えたは良いものの、釣りをしていい場所がわかりませんでした。

海釣りの場合でしたら堤防での釣りのイメージもあるので、「港」に行けば良さそうですよね。

車のナビでも港はインプットされていますし。

では渓流釣りの場合はどうすれば良いのか。

当初、「川に行けば良いんでしょ」と思っていたのですが、川といっても上流、中流、下流の違いもありますし、ナビで川沿い走っていてもどこに駐車していいのかもわからなかったりします。

河川敷とかは道路沿いにあるのでわかりやすいですが、人里離れた様な渓流を目指すのであれば「入渓」できるポイントを探さなければなりません。

また、筆者のいる北海道では不要な場合がほとんどなのですが、基本的には「遊漁券」という券を購入して、決められたルールに沿って釣りをしなければなりません。

兎にも角にも、下調べ無くして勝手に釣りはしない方が良いです。

しかしながら、この「入渓」できる場所って、ネットで調べてもなかなか情報が出てきません。

良い釣り場をわざわざ紹介する必要もありませんからね、むしろ荒らさないで欲しいから教えたくないって方が多いのではないでしょうか。

知り合いで渓流釣りをしている人でもいれば話は早いのでしょうが。。。

そんな時は自分の足で情報を集めるしかありません!!

私が実際におこなった方法は

・河川のある町役場の観光課に直接問い合わせる。
・現地周辺のお店で聞いてみる。

です。

どちらも運が良かったのか、とても丁寧に教えて頂けました^^

渓流釣りで有名な河川であれば、釣りをしていなくても現地の方であれば情報を持っている可能性は高いと思いますよ。

竿の使い方、振り方がわからない

渓流釣りではリールの付いている竿とリールの付いていない竿(のべ竿)のどちらかを使用します。

私は安いやつですが一応どちらも購入しました。

どちらも初めて使うので事前にyoutubeの初心者動画を見ながら予習をしました。

個人的に釣り竿を触ったことのない超初心者であれば、のべ竿からはじめることをおススメします。

事前に予習したとはいえ、リール付きの竿は構造が少々複雑ですし、ルアーと呼ばれる疑似餌の種類も多くて何が良いのかもわからないですし、ルアーを飛ばす所作(キャスティング)も練習が必要です。

のべ竿も多少コツはあるのでしょうが、リールが無い分紐が絡まる事もあまりないですし、餌を投げ入れるのも簡単です。

竿と仕掛けを結ぶ方法さえ勉強しておけば、あとはぶっつけ本番でも楽しめると思います。

私は今回、3回ウグイを釣ったのですが、いずれものべ竿でした。

初渓流釣りのレポート

色々と事前準備は必要なのですが、なんにしても実際にやってみないと課題も反省も見えてこないと思い、6月某日に行ってきました!

早朝に出発をし、まず初めに町役場の人に教えてもらったポイントへ行きました。

ここにきて早速準備不足が祟ります。

渓流釣りではウェーダーと呼ばれる腰や胸元まである長靴を着用するのが一般的ですが、初めてだしそんな水深のあるところには行かないと思っていたので私は買っていませんでした。

↓こういうのです

パッと見そんなに水深もないので大丈夫かと思っていたのですが、実際に川に入ってみると普通の長靴じゃほとんど移動ができないのです。。。

気を付けて歩いたのですが、ものの5分くらいですぐに水浸し。

また、思いのほか川の流れが急だったので、このまま続けるのは難しいと判断して15分もしないうちに撤退してしまいました^^;

ただ、ここまできてこれで終われないと思い、ガソリン入れるついでに店員さんに入渓場所を尋ねたところ、よく釣り人が向かう場所があると教えてもらいそこへ向かいました。

国道沿いに目を凝らさないとわからない脇道があり、そこへ行ってみると…。

清流

すごい!!

まさに絵にかいたような景色です^^

最初のポイントに比べて流れも穏やかで、他に釣り人もいなかったのでじっくり練習ができました(笑)

ウグイ

ルアーを投げる練習をしていたのですが、釣れないし飽きてきたのでのべ竿に持ち替えた途端すぐにヒットしました!

ウグイですね、割と釣れやすい魚みたいですが嬉しかったです。

この後もウグイだけでしたが、計3回釣れたので大満足でした^^

今回はすべてリリースして帰ってきました。

途中、川を上りニジマスなどを狙えそうな上流を目指そうかとも思ったのですが、あることに気付き断念します。

熊対策を何もしてない、と。

熊鈴一つ持っていないのに怖すぎて上流なんか行けません。

渓流釣りを始める方はマストアイテムですよ

この日は終日、車の近くから離れずに釣りをしました^^;

最後に

初めての釣りでしたので、一匹も釣れずに終えてしまったらどうしようかと心配していましたが、ウグイに助けられました^^

今度は熊鈴やウェーダー等の準備もしてもう少し上流を目指してみたいです。

そしてキャンプのアクティビティとしても川釣りをしてきたいと思います^^

最後までお付き合いいただきありがとうございました~。

※追記※
念願の川釣りキャンプに行ってきました^^
日高沙流川オートキャンプ場で犬キャンの釣りキャンしてきました!