【2020.7.19】投げ釣りで少し遅めのカレイin苫小牧【釣果報告】

久しぶりに妻と買い物ついでに海釣りに行ってきました。

数ヵ月前に購入した入魂できないままの投げ竿を片手に苫小牧の漁港エリアで投げ釣りをしてきました。

釣果内容

苫小牧漁港

  • 釣行日:2020年7月19日
  • 釣り場:苫小牧漁港
  • 時間:16:00~19:30
  • 天気:曇り

with妻の釣行なのであまり気負わず、置き竿を眺めながら海の雰囲気を楽しもうと思い、行き慣れたキラキラ公園を目指しました。

ところが、キラキラ公園一帯にはサビキ勢がビッシリと隙間なくいらしたので諦め、そこから近いポイントの漁港エリアにいってみました。
(今の時期、サバやイワシが好調みたいですね。)

漁港エリアもそれなりに賑わってはいたのですが、お隣さんとのアングラーディスタンス(?)も保てそうな感じだったので今回のポイントはここに決めました。

風や波はほぼなく、引き潮気味の落ち着いた海。

周りでも同じく投げ竿勢が数組いて、テトラ付近ではロック勢がチラホラといった具合。

周りが釣れているのかはわからなかったが、とりあえず仕掛けを投げて待つことに。

そんなにすぐには釣れないであろうと思い、妻に見張りをお願いしてテトラ帯に行き穴釣りに行きました。

数分後、100均で買った鈴が微かに鳴ったと妻が呼ぶので引きあげてみると、藻!藻!藻!

「まぁそんなもんだよね~」と言いながら再びテトラ帯に向かう私。

するとまたしてもすぐに妻が呼ぶので半信半疑で引きあげてみると、やはり藻。

妻を疑っているわけではないのだが、あたってないのにそんなに鈴が鳴るものなのか気になり、穴釣りは諦めしばらく投げ竿の横で様子見することにしました。

暇そうにしていたので妻にトラウトロッドにジグヘッドを付けたなんちゃってロックタックルを渡したところ、ちょこちょこガヤを釣ってました。

そんな妻を横目に投げ竿を眺めていると鈴が「シャン…シャン…」と元気なさげに鳴りました。

また藻が絡んだのだろうと思い、もう少し様子を見ているとその後も頻繁に「シャン…シャン…」と鳴るのでリールを巻いてみると、魚の泳ぐ振動が竿に伝わってきました。

ドキドキしながらリールを巻いているとカレイが表層に姿が見えたのでテンションぶち上りました。

タモなんて持っていないので、(バレないでくれ~ッ!!)と念じながら抜き上げると…

クロガシラ

推定35cm程のカレイが釣れました^^

ヒレの縞がくっきりしていないのでちょっと自信ないのですが、初クロガシラ!!(ですよね?笑)

以前釣った手のひらサイズのスナガレイとは違い、ずっしりとしていて大満足です。

その後、欲を出しもう一投したのですが、最後の最後にガヤが釣れてこの日は納竿しました。

タックル

 

エサはいつもは生イソメを使っていたのですが、夕まずめの短期決戦ということもあり、使いきれなくても保存の効く塩イソメにしましました。

仕掛けは釣具屋で売っているごくごく一般的なカレイの仕掛けです。

投げ釣りのアタリって竿先の目視だけだと分かりづらかったので、鈴を付けて正解でした。

ただ、鈴も波や風の影響を受けて鳴る事も多々あるので、鳴れば良いってもんでもないのですが、付けておいて損はしないかなと思います。

本当にお金のかかっていない、安いタックルで挑んだのですが釣れたので良かったです。

最後に

カレイのお造り

カレイも色々な調理方法がありますが、鮮度の良いものが食べれるというのが釣り人の特権かと思いお造りにしました。

クセや臭みは無く、淡泊な味わいなので食べやすかったです^^

ただ、その話を釣り好きな上司に話したら、「刺身にするなら一晩冷蔵庫に置いてからの方が美味しいよ」と教えてもらいました。

釣りたての魚は身が締まり過ぎてるから(その弾力が好きであればその日のうちでも良いらしいが)、一晩くらい置くと食べやすいみたいです。

確かに、歯ごたえあってプリプリしてた気がしますわ。