【シニア犬】後ろ足が弱ってトイレシートで滑るのでひと手間加えてみました

シニア犬であるぽーちゃんは足腰弱いのでおしっこの体勢から起き上がるのが大変そうでした。
どうやら後ろ足に踏ん張りがきかなくなってきたみたいです。
そしてある日、トイレシートの表面で滑って自力で立ち上がれなくなってしまたので、慌てて対策しました。

症状

トイレシート

もともと少し足腰が弱く、1~2年前に突発性の前庭疾患になってしまいフラフラ歩きに拍車がかかってしまいました。

おしっこする時は床を嗅ぎながらクルクル回る仕草をするのですが、トイレトレーの様な狭いところだと照準が合わせにくいみたいなんですよね。

ですので我が家ではだいたいのポイントにシートを広範囲に敷いてあげるやり方をしています。

ただ、トイレトレーの様にシートを固定できないので結構ズレます。

ガムテープで四隅を抑えていても捲れた部分にされる事もしばしば^^;

あとシートが重なる部分でおしっこされると一度に2、3枚のシートを交換することになるのですが、まぁ仕方ないです。

と、しばらくはこの方法で良かったのですが、ある日いつもの様におしっこをするモーションに入ったのでそばで見ていると、いつまでもお座り状態が続くので不思議に思い近付いたら、後ろ足を小刻みに開こうとしているのですが滑って動けなくなっていたのです。

すぐに腰を持ち上げて事なきを得たのですが、お留守番中や就寝後に同じ状況になってしまったら大変です。

ネットで調べてみたところ、同じような事で悩んでいる方の記事を見つけて、そちらの方法を参考にさせて頂いたところ、見事に我が家も解決できました^^

対策

滑り止めシート

用意したのはこういったタイプの滑り止めシート(マット)です。

滑り止めシートをかぶせたトイレ

これをそのままトイレシートの上に敷いてあげるだけです^^

この上からワンちゃんは直接おしっこをするので毎回汚れてしまいますが、ササッと水洗いしてあげればすぐ乾きます。

洗い替えも少なめでOKです。

100円ショップで売っていますので、ある程度使ったら新調しちゃっても良いかと思います。

滑り止めシート比較

ちなみに、個人的にはキャンドゥで買ったシートが良かったです。

目の粗さがキャンドゥの方が大きいので、トイレシートが透けて見えやすく、おしっこしているかどうかわかりやすい利点があります。

滑り止めシート比較

また、我が家の様に広範囲に敷くやり方の場合は、キャンドゥ製品の方がサイズが大きいのでありがたいです。

滑り止めシート使用

滑り止めシート敷いてからは自力で立ち上がることができるようになりました^^

ただし、シート自体を固定はしていないので、たまに捲れあがっていることもあります。

長時間目を離す様な場合はテープ等で仮止めしてあげた方が良いかもしれませんね。

最後に

ワンちゃんは老いると後ろ足から弱まる子が多いみたいですので、似た様な症状に気付いたら是非参考にしてみてください^^